憧れのクラシックカーには何時になく華がある

海外クラッシックカーが人気の理由

例えばパソコンなら誰だって古いパソコンよりも最新のパソコンの方がいいですよね。

新モデルが発売されたら買いかえるという人もいるぐらいです。

10年前や20年前のパソコンが仮に現役で使えたとしても遅くて重くて、すぐにフリーズしてしまう。

そんな性能が悪く使い勝手の悪いものを最近の今のパソコン価格よりも高い価格で購入すようという酔狂な人はいません。

しかし車であればそんな酔狂な人はたくさんいます。

古い車はクラッシックカーと言われ、特に海外メーカーの海外クラッシックカーは日本にもたくさんのマニアがいます。

もちろん車だってどんどん性能がよくなり、新しいものにモデルチャンジをしているのにもかかわらずに性能が悪い燃費が悪い車が魅力なのです。

きっと自分が子どもの頃にミニカーで大好きだったクラッシックカーに乗ってみたい、若い頃は高くて手が届かなかった憧れのクラッシックカーに往年になって乗ってみたいという気持ちが消えないからでしょう。

骨董品が好きだという感覚と似たようなものかもしれません。

ただしクラッシックカーは古いものほど高額になります。

例えば1962年式のフェラーリは40億円で取引された事が話題になり、クラッシックカーを投資目的で購入する人も増えてきているようです。

クラッシックカーにはお金がかかる

車好きの男性の中にはクラッシックカーが好きだという男性も少なくないでしょう。

ではクラッシックカーのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

クラッシックカーのメリットとデメリット

クラッシックカーのメリットとはそのデザイン性です。現代の車にはありえないレトロなデザインが車好きにとっては貯まらない魅力です。

古き良き時代を匂わせつつ、そんな骨董品が現代の道路を走るわけです。
メンテナンスがかかり、面倒なのですがそんなふうに手をかけるのも楽しさの1つなのでしょう。

クラッシックカーのデメリットは何かというと不経済だという点につきます。

まずクラッシックカーは骨董品扱いになるのか普通は中古で古ければ古いほど安くなりますが、クラッシックカーに関しては古いのにまだ乗れrのがすごいと値段があがります。

また購入してからも維持費が通常の車よりかなりかかってしまいます。

よく壊れて修理が必要になりますし、それにエンジンも古く馬力も弱いので燃費が非常に悪いのです。
今の省エネと逆をいく構造になっているのです。

タイヤ交換や修理の部品を交換しようとしても、すでにその部品が廃盤になっていてないのでオーダーメイドとなりまたお金がかかります。

クラッシックカーは効率性や合理性を無視して、お金のかかる趣味という認識でいいと思います。